Acer、13.3型 360°回転する13.3型コンバーチブルノート「Spin 5」シリーズからCore i7モデルとCore i3モデル

Acerは、2017年11月、13.3型 、フルHDのコンバーチブルPC「Spin 5」シリーズのからCore i7 モデル、Core i3モデルを発売。ボディーカラーは、スチールグレイ。
Acer、13.3型 360°回転する13.3型コンバーチブルノート「Spin 5」シリーズからCore i7モデルとCore i3モデル

Acer Spin 5
Acer Spin 5

ディスプレイが360°回転し、ノートPCモード、タブレットモード、ディスプレイモード、テントモードの4モードをシーンに合わせて使用できる。シャープな形状の13型のフルHDディスプレイは、精度の高いライティングとタッチ機能を発揮するように設計。IPS技術を採用しており、どの角度からでも鮮やかな映像を再現。
最新技術を搭載した第8世代インテルプロセッサーを採用。
タッチパネルをしっかりと支えるドュアルトルクヒンジ採用で、画面のぐらつきを感じない快適な使い心地。
指紋認証採用で、セキュリティをもっと安全にもっと快適に。
充電にも対応するUSB3.1 Type-Cポート搭載。

Acer、スマート&スリムな省スペース型デスクトップPC「Aspire X」リーズ CPU別に4モデル

Acerは、2017年11月、幅10cmのスマート&スリムな省スペース型デスクトップパソコン「Aspire X」シリーズを発売。ボディーカラーは、ブラック。
Acer、スマート&スリムな省スペース型デスクトップPC「Aspire X」リーズ CPU別に4モデル

Acer Aspire X
Acer Aspire X

Core i7 搭載モデル、Core i5 搭載モデル、Core i3搭載モデル、Celeron Dual-Core 搭載モデルの4種類をラインアップ。

4K映像出力にも対応した幅わずか10cmのスリムなデスクトップで部屋に上品さをプラス。CPUは4種類をラインアップする。設置場所を広げる無線LANを搭載、ハイスピード通信で快適ネットアクセス。万一のデータトラブルにも安心な「データ復旧安心サービス」付き。

OS「Windows 10 Home」、CPU、光学ドライブ、DVDスーパーマルチ、本体サイズ、幅 1000 × 奥行 420 × 高さ 294 mmは、4モデルとも共通。CPU、メモリー、ストレージ容量がCPU別に異なる。

Acer(エイサーのPC)

G-Tune、高解像度ゲームに適した GeForce GTX 1060(6GB)搭載 15.6型フル HD ノートパソコン「NEXTGEAR-NOTE i5550」シリーズ

マウスコンピューターは、2017年11月、ゲーミング専用PCブランド「G-Tune」の「NEXTGEAR-NOTE i5550」シリーズから2モデルを発売。ボディーカラーは、ブラック。
G-Tune、高解像度ゲームに適した GeForce GTX 1060(6GB)搭載 15.6型フル HD ノートパソコン「NEXTGEAR-NOTE i5550」シリーズ

G-Tune NEXTGEAR-NOTE i5550
G-Tune NEXTGEAR-NOTE i5550

高いグラフィックス性能を発揮するグラフィックスメモリ 6GB が搭載された「GeForceR GTX 1060」を採用することで、高解像度のゲームプレイ時に多く要求されるグラフィックメモリに余裕を持つことができ、従来のモデルに比べ快適にプレイできる。

iiyama PC、第8世代Core i7とGeForce GT 1030搭載ミドルタワーゲームパソコン「LEVEL-R037-i7K-INR」

パソコン工房は、2017年11月、、「iiyama PC」ブランドの「LEVEL∞(レベル インフィニティ) R-Class」シリーズよりゲーミング専用デスクトップパソコンの新モデル「LEVEL-R037-i7K-INR」を発売。ボディーカラーは、ブラック。

iiyama PC LEVEL-R037-i7K-INR
iiyama PC LEVEL-R037-i7K-INR

iiyama PC、第8世代Core i7とGeForce GT 1030搭載ミドルタワーゲームパソコン「LEVEL-R037-i7K-INR」

第8世代Core i7とGeForce GT 1030搭載ミドルタワーゲームパソコン。第8世代インテル Core i7 プロセッサーは、第7世代インテル Core i7 プロセッサーから14nmプロセスルールをさらに改良し、メインストリームのCore i7シリーズでは初の6コア/12スレッドに対応し、マルチタスクでの処理能力が強化された最新のCPU。

LEVEL∞ Rシリーズは、拡張性の高いミドルタワーATXフォームを採用。LEVEL∞ Rは落ち着いたデザインに、ハードディスクやPCI-Expressカードの増設がしやすいATXケースを採用。PC本体購入後のメンテナンスも簡易に行える。

SSDとHDDを組み合わせたツインドライブ構成。

iiyama PC、「AMD Ryzen」を搭載した省スペース ゲーミングPC

パソコン工房は、20017年11月、「iiyama PC」ブランドの「LEVEL∞ C-Class」シリーズより「AMD Ryzen」搭載の省スペース デスクトップPC2 2モデルを発売。ボディーカラーは、ブラック。

iiyama PC LEVEL-C0B3-R7-XNA
iiyama PC LEVEL-C0B3-R7-XNA

iiyama PC、「AMD Ryzen」を搭載した省スペース ゲーミングPC

ハイエンドビデオカード搭載可能なMiniITXフォームを採用したゲーミングパソコン。縦幅29.6cmと横幅17.8cmはA4サイズよりもひとまわりコンパクト。AMDの新プロセッサーブランド『Ryzen』は、これまでのAMDアーキテクチャーから更に進化した「ZEN」アーキテクチャーを搭載し、今までにない高性能かつ高効率化を実現。

東芝、15.6型「dynabookT85/E」シリーズ(2017年秋・冬モデル)360度パノラマ動画や3D動画も

東芝は、2017年10月、15.6型のスタンダードノートPC「dynabook T」シリーズから秋、冬モデルの「dynabook T85/E」シリーズを発売。ボディーカラーは、モデナレッド、サテンゴールドの2カラーをラインアップ。
東芝、15.6型「dynabookT85/E」シリーズ(2017年秋・冬モデル)360度パノラマ動画や3D動画も

TOSHIBA dynabook T85
TOSHIBA dynabook T85

360度パノラマ動画や3D動画などの高画質化対応を強化。高精細・広視野角フルHD IPS液晶を搭載し、パネルに合った最適な発色パラメータ値を設定した色補正や文字表示サイズの拡大表示設定により、高画質化や利便性を追求。

真やインターネット動画などの2Dコンテンツだけでなく、360度パノラマ動画や、3D動画などの3Dコンテンツの高画質化対応を強化。「TOSHIBA Media Player by sMedio TrueLink+」は、独自のアルゴリズムを採用した超解像技術「レゾリューションプラス」により、360度パノラマ動画や3D動画などの画素を補正した上で色補正することで、より自然で美しい画質に向上させて再生する。

さらに、360度パノラマ動画や3DCGを実用的に、気軽に楽しむためのソフトウェアも強化して搭載。「CyberLink PowerDirector 15 for TOSHIBA」・「CyberLink PhotoDirector 8 for TOSHIBA」は、360度カメラで撮影した360度パノラマ動画や写真の編集を簡単操作で可能。

DIY(日曜大工)の3D図面が簡単に作成できる「caDIY3D+(30日体験版)」をプレインストールしており、話題のコンテンツを見る・作る楽しさを提供。

360度パノラマ動画や3D動画などの高画質化対応を強化。高精細・広視野角フルHD IPS液晶を搭載し、パネルに合った最適な発色パラメータ値を設定した色補正や文字表示サイズの拡大表示設定により、高画質化や利便性を追求。

東芝、15.6型「dynabookT75/E」シリーズ(2017年秋・冬モデル)360度パノラマ動画や3D動画も

東芝は、2017年10月、15.6型のスタンダードノートPC「dynabook T」シリーズから秋、冬モデルの「dynabook T75/E」シリーズを発売。ボディーカラーは、リュクスホワイト、モデナレッド、プレシャスブラック、サテンゴールドの4カラーをラインアップ。
東芝、15.6型「dynabookT75/E」シリーズ(2017年秋・冬モデル)360度パノラマ動画や3D動画も

TOSHIBA dynabook T75/E
TOSHIBA dynabook T75/E

写真やインターネット動画などの2Dコンテンツだけでなく、360度パノラマ動画や、3D動画などの3Dコンテンツの高画質化対応を強化。「TOSHIBA Media Player by sMedio TrueLink+」は、独自のアルゴリズムを採用した超解像技術「レゾリューションプラス」により、360度パノラマ動画や3D動画などの画素を補正した上で色補正することで、より自然で美しい画質に向上させて再生する。

さらに、360度パノラマ動画や3DCGを実用的に、気軽に楽しむためのソフトウェアも強化して搭載。「CyberLink PowerDirector 15 for TOSHIBA」・「CyberLink PhotoDirector 8 for TOSHIBA」は、360度カメラで撮影した360度パノラマ動画や写真の編集を簡単操作で可能。

DIY(日曜大工)の3D図面が簡単に作成できる「caDIY3D+(30日体験版)」をプレインストールしており、話題のコンテンツを見る・作る楽しさを提供。

360度パノラマ動画や3D動画などの高画質化対応を強化。高精細・広視野角フルHD IPS液晶を搭載し、パネルに合った最適な発色パラメータ値を設定した色補正や文字表示サイズの拡大表示設定により、高画質化や利便性を追求。

ASUS、7ミリの超狭額ベゼル美麗液晶搭載の一体型PC「Vivo AiO V241ICUK」にCore i3モデル

エイスースは、2017年8月、液晶一体型のデスクトップパソコン「Vivo AiO V241ICUK V241ICUK-I5HAB」を発売。ボディーカラーは、ブラック。

ASUS Vivo AiO V241ICUK
ASUS Vivo AiO V241ICUK

ASUS、7ミリの超狭額ベゼル美麗液晶搭載の一体型PC「Vivo AiO V241ICUK」にCore i3モデルを追加ラインアップ。

2017年8月発売のASUS、23.8型の超狭額ベゼル一体型デスクトップパソコン「「Vivo AiO V241ICUK」のCore i3 搭載モデル。

奥行きわずか16.5cmのスリムでエレガントなデザインに、液晶のベゼル幅約7mmの超狭縁設計。コントラスト比 1000:1に1677万色の表示色、178°の広視野角液晶とフルHD(1920×1080ドット)の高解像度パネルを採用。標準付属のマウスとキーボードには、配線の煩わしさが無いワイヤレスタイプを採用。

ASUS Vivo AiO V241ICUKのシンプルかつエレガントなスタンド部分は、1つのアルミニウム合金から作り出されてる。安定感と優雅さを追求したデザインは、漢字の「人」の形にインスパイアされたもので、完璧にバランスのとれたヒンジがしっかりとスクリーンを支えながらも、アングル調整も簡単に行える。

臨場感溢れるマルチメディア体験を実現するために、ASUS Vivo AiO V241ICUKのオーディオシステムは優れた独自のテクノロジーを採用。以前と比べチャンバースピーカーを2.7倍大きくした高品質ステレオスピーカーは、Hi-Fiスピーカーによく採用されるバスレフ型で設計。

ASUS独自機能のAudio Wizardは、5つのサウンドモードを選択して簡単に設定をカスタマイズし、サウンドを最適化できる。

東芝、15.6型「dynabookT55/E」シリーズ(2017年秋・冬モデル)360度パノラマ動画や3D動画も

東芝は、2017年10月、15.6型のスタンダードノートPC「dynabook T」シリーズから秋、冬モデルの「dynabook T55/E」シリーズを発売。ボディーカラーは、リュクスホワイト、プレシャスブラック、サテンゴールドの3カラーをラインアップ。
東芝、15.6型「dynabookT55/E」シリーズ(2017年秋・冬モデル)360度パノラマ動画や3D動画も

TOSHIBA dynabook T55/E
TOSHIBA dynabook T55/E

写真やインターネット動画などの2Dコンテンツだけでなく、360度パノラマ動画や、3D動画などの3Dコンテンツの高画質化対応を強化。「TOSHIBA Media Player by sMedio TrueLink+」は、独自のアルゴリズムを採用した超解像技術「レゾリューションプラス」により、360度パノラマ動画や3D動画などの画素を補正した上で色補正することで、より自然で美しい画質に向上させて再生する。

さらに、360度パノラマ動画や3DCGを実用的に、気軽に楽しむためのソフトウェアも強化して搭載。「CyberLink PowerDirector 15 for TOSHIBA」・「CyberLink PhotoDirector 8 for TOSHIBA」は、360度カメラで撮影した360度パノラマ動画や写真の編集を簡単操作で可能。

DIY(日曜大工)の3D図面が簡単に作成できる「caDIY3D+(30日体験版)」をプレインストールしており、話題のコンテンツを見る・作る楽しさを提供。

360度パノラマ動画や3D動画などの高画質化対応を強化。高精細・広視野角フルHD IPS液晶を搭載し、パネルに合った最適な発色パラメータ値を設定した色補正や文字表示サイズの拡大表示設定により、高画質化や利便性を追求。

dynabookT55/E シリーズはこちら。

東芝、15.6型「dynabookT45/E」シリーズ(2017年秋・冬モデル)360度パノラマ動画や3D動画も

東芝は、2017年10月、15.6型のスタンダードノートPC「dynabook T」シリーズから秋、冬モデルの「dynabook T45E」シリーズを発売。ボディーカラーは、リュクスホワイト、モデナレッド、プレシャスブラック、サテンゴールドの4カラーをラインアップ。
東芝、15.6型「dynabookT45/E」シリーズ(2017年秋・冬モデル)360度パノラマ動画や3D動画も

TOSHIBA dynabook T45/E
TOSHIBA dynabook T45/E

360度パノラマ動画や3D動画などの高画質化対応を強化。高精細・広視野角フルHD IPS液晶を搭載し、パネルに合った最適な発色パラメータ値を設定した色補正や文字表示サイズの拡大表示設定により、高画質化や利便性を追求。

360度パノラマ動画や3D動画などの高画質化対応を強化。高精細・広視野角フルHD IPS液晶を搭載し、パネルに合った最適な発色パラメータ値を設定した色補正や文字表示サイズの拡大表示設定により、高画質化や利便性を追求。