富士通、15.6型ノートPC「LIFEBOOK AH」シリーズ(2016年冬モデル)

富士通は、2016年11月、15.6型ノートPC「LIFEBOOK AH」シリーズのCore i7搭載の最上位モデル「LIFEBOOK AH53/A3」シリーズを発売。ボディーカラーは、シャイニーブラック、プレミアムホワイト、ルビーレッドの3カラーを揃える。これ以外にCore i3搭載の上位モデル「LIFEBOOK AH45/A3」シリーズ、下位モデルでCeleron Dual-Core搭載の「LIFEBOOK AH42/A3」シリーズをラインアップする。

富士通 LIFEBOOK AH53/A3 FMVA53A3W
富士通 LIFEBOOK AH53/A3 FMVA53A3W
Celeron Dual-Coreモデルのみシャンパンゴールドをラインアップする。

凹凸がなくてスマートなフラットボディーにプリズムクリアキーがきらっと輝く。

日本国内のA4サイズの15.6型ノートPCの最上位スペックモデルは、CPUやメモリーの充実だけでなくボディーの高級化などもすすむ。PCというより高級家電をイメージさせる。

最上位スペックはタッチに対応し、上位スペック、下位スペックはタッチには非対応となる。

東芝だとこちらのモデル「dynabook T75/B」シリーズ」になるが同様に上質なつくり。

パソコンの使いやすさの決め手となるのがキーボード。深さ約2.5mmのキーストロークでしっかりと打ち込むことができる。
指の力はそれぞれ異なる。長時間の使用でも疲れにくいように、小指で打つキーは弱い力で反応するなど、キーの位置に合わせて重さを3段階に調節。どの指でも心地よい打鍵感を実現。
メインマシンには欠かせない打鍵感が快適に設計されている。

尚、タッチに対応するのは最上位スペックのみのCore i7搭載モデルの「LIFEBOOK AH53/A3」シリーズのみとなる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です