マイクロソフトが【緊急】を含むセキュリティ更新プログラム公開(2018年6月)

2018年6月13日、マイクロソフトから「緊急」9件を含むセキュリティ更新プログラムが公開されました。

パソコンのセキュリティ状態を最新に保つために、対象製品をご利用の方は、以下を参照の上、ソフトウェアのアップデート(更新プログラムのインストール)が必要です。
更新プログラムの入手

◆Windows Updateは、こちら[ マイクロソフト社サイト ]
※Windows Update 利用の手順は、こちら[ マイクロソフト社サイト ]
既に、ウイルス対策ソフトやサービスをご利用の方も、アップデートは必要です。

更新内容

製品ファミリ:Windows 10 および Windows Server 2016 (Microsoft Edge を含む)
重要度:緊急
最も大きな影響:リモートでコードが実行される
関連するサポート技術情報またはサポートの Web ページ:Windows 10 v1803: 4284835、Windows 10 v1709: 4284819、Windows 10 v1703: 4284874、Windows 10 v1607: 4284880、Windows 10: 4284860、Windows Server 2016: 4284880

製品ファミリ:Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2
重要度:緊急
最も大きな影響:リモートでコードが実行される
関連するサポート技術情報またはサポートの Web ページ:Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 マンスリー ロールアップ: 4284815Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 セキュリティのみ: 4284878

製品ファミリ:Windows Server 2012
重要度:緊急
最も大きな影響:リモートでコードが実行される
関連するサポート技術情報またはサポートの Web ページ:Windows Server 2012 マンスリー ロールアップ: 4284855Windows Server 2012 セキュリティのみ: 4284846

製品ファミリ:Windows RT 8.1
重要度:緊急
最も大きな影響:リモートでコードが実行される
関連するサポート技術情報またはサポートの Web ページ:Windows RT 8.1: 4284815注: Windows RT 8.1 の更新プログラムは Windows Update からのみ入手できます。

製品ファミリ:Windows 7 および Windows Server 2008 R2
重要度:緊急
最も大きな影響:リモートでコードが実行される
関連するサポート技術情報またはサポートの Web ページ:Windows 7 および Windows Server 2008 R2 マンスリー ロールアップ: 4284826Windows 7 および Windows Server 2008 R2 セキュリティのみ: 4284867

製品ファミリ:Windows Server 2008
重要度:緊急
最も大きな影響:リモートでコードが実行される
関連するサポート技術情報またはサポートの Web ページ:Windows Server 2008 の更新プログラムは累計的な更新プログラムやロールアップとして提供されません。次の記事は Windows Server 2008 のバージョンを参照しています。423445942304674294413

製品ファミリ:Internet Explorer
重要度:緊急
最も大きな影響:リモートでコードが実行される
関連するサポート技術情報またはサポートの Web ページ:Internet Explorer 9 IE 累積的: 4230450、Internet Explorer 10 マンスリー ロールアップ: 4284855、Internet Explorer 10 IE 累積的: 4230450、Internet Explorer 11 マンスリー ロールアップ: 4284815 および 4284826、Internet Explorer 11 IE 累積的: 4230450、Internet Explorer 11 セキュリティ更新プログラム: 42848354284874428481942848604284880

製品ファミリ:Microsoft Office 関連のソフトウェア
重要度:重要
最も大きな影響:リモートでコードが実行される
関連するサポート技術情報またはサポートの Web ページ:マンスリー セキュリティ更新プログラムのリリースの Microsoft Office に関連するサポート技術情報の記事の数は、CVE の数、および影響を受けるコンポーネントの数によって変わります。今月リリースされる Office の更新プログラムに関連するサポート技術情報は 20 件を超えます。概要をお知らせする目的から、ここでは一部のみを掲載します。資料の詳細については、「セキュリティ更新プログラム ガイド」を参照してください。

製品ファミリ:Microsoft SharePoint 関連のソフトウェア
重要度:重要
最も大きな影響:特権の昇格
関連するサポート技術情報またはサポートの Web ページ:Microsoft SharePoint 関連のソフトウェア: 402217340221904022210

製品ファミリ:ChakraCore
重要度:緊急
最も大きな影響:リモートでコードが実行される
関連するサポート技術情報またはサポートの Web ページ:ChakraCore は Chakra のコア部分であり、HTML/CSS/JS で記述された Microsoft Edge と Windows アプリケーションを強化する高パフォーマンスの JavaScript エンジンです。詳細については、https://github.com/Microsoft/ChakraCore/wiki を参照してください。

製品ファミリ:Adobe Flash Player
重要度:緊急
最も大きな影響:リモートでコードが実行される
関連するサポート技術情報またはサポートの Web ページ:Adobe Flash Player のサポート技術情報: 4287903Adobe Flash Player のアドバイザリ: ADV180014

マイクロソフトが【緊急】を含むセキュリティ更新プログラム公開(2018年5月)

2018年5月9日、マイクロソフトから「緊急」9件を含むセキュリティ更新プログラムが公開されました。

更新プログラムの入手

◆Windows Updateは、こちら[ マイクロソフト社サイト ]
※Windows Update 利用の手順は、こちら[ マイクロソフト社サイト ]
既に、ウイルス対策ソフトやサービスをご利用の方も、アップデートは必要となります。

更新内容

製品ファミリ:Windows 10 および Windows Server 2016 (Microsoft Edge を含む)
重要度:緊急
最も大きな影響:リモートでコードが実行される
関連するサポート技術情報またはサポートの Web ページ:Windows 10 v1803: 4103721、Windows 10 v1709: 4103727、Windows 10 v1703: 4103731、Windows 10 v1607: 4103723、Windows 10: 4103716、Windows Server 2016: 4103723

製品ファミリ:Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2
重要度:緊急
最も大きな影響:リモートでコードが実行される
関連するサポート技術情報またはサポートの Web ページ:Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 マンスリー ロールアップ: 4103725。Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 セキュリティのみ: 4103715

製品ファミリ:Windows Server 2012
重要度:緊急
最も大きな影響:リモートでコードが実行される
関連するサポート技術情報またはサポートの Web ページ:Windows Server 2012 マンスリー ロールアップ: 4103730。Windows Server 2012 セキュリティのみ: 4103726

製品ファミリ:Windows RT 8.1
重要度:緊急
最も大きな影響:リモートでコードが実行される
関連するサポート技術情報またはサポートの Web ページ:Windows RT 8.1: 4103725。注: Windows RT 8.1 の更新プログラムは Windows Update からのみ入手できます。

製品ファミリ:Windows 7 および Windows Server 2008 R2
重要度:緊急
最も大きな影響:リモートでコードが実行される
関連するサポート技術情報またはサポートの Web ページ:Windows 7 および Windows Server 2008 R2 マンスリー ロールアップ: 4103718。Windows 7 および Windows Server 2008 R2 セキュリティのみ: 4103712

製品ファミリ:Windows Server 2008
重要度:緊急
最も大きな影響:リモートでコードが実行される
関連するサポート技術情報またはサポートの Web ページ:Windows Server 2008 の更新プログラムは累計的な更新プログラムやロールアップとして提供されません。次の記事は Windows Server 2008 のバージョンを参照しています。40940794101477413094441311884134651

製品ファミリ:Internet Explorer
重要度:緊急
最も大きな影響:リモートでコードが実行される
関連するサポート技術情報またはサポートの Web ページ:Internet Explorer 9 IE 累積的: 4103768、Internet Explorer 10 マンスリー ロールアップ: 4103730; Internet Explorer 10 IE 累積的: 4103768; Internet Explorer 11 マンスリー ロールアップ: 4103718 および 4103725、Internet Explorer 11 IE 累積的: 4103768、Internet Explorer 11 セキュリティ更新プログラム: 41037164103721410372341037274103731

製品ファミリ:Microsoft Office 関連のソフトウェア
重要度:重要
最も大きな影響:リモートでコードが実行される
関連するサポート技術情報またはサポートの Web ページ:マンスリー セキュリティ更新プログラムのリリースの Microsoft Office に関連するサポート技術情報の記事の数は、CVE の数、および影響を受けるコンポーネントの数によって変わります。今月リリースされる Office の更新プログラムに関連するサポート技術情報は 20 件を超えます。概要をお知らせする目的から、ここでは一部のみを掲載します。資料の詳細については、「セキュリティ更新プログラム ガイド」を参照してください。

製品ファミリ:Microsoft SharePoint 関連のソフトウェア
重要度:重要
最も大きな影響:リモートでコードが実行される
関連するサポート技術情報またはサポートの Web ページ:Microsoft SharePoint 関連のソフトウェア: 311488940183814018390401839840221304022145

製品ファミリ:Microsoft Exchange Server
重要度:重要
最も大きな影響:リモートでコードが実行される
関連するサポート技術情報またはサポートの Web ページ:Microsoft Exchange Server 関連のソフトウェア: 4092041 および 4091243

製品ファミリ:Microsoft .NET ソフトウェア
重要度:重要
最も大きな影響:セキュリティ機能のバイパス
関連するサポート技術情報またはサポートの Web ページ:.NET Framework のセキュリティ更新プログラムのリリースに関連するサポート情報の記事数は、CVE の数と影響を受けるコンポーネントの数によって変わります。今月リリースされる .NET Framework の更新プログラムに関連するサポート情報の記事は 20 件を超えます。概要をお知らせする目的から、ここでは一部のみを掲載します。.NET Core は、Microsoft と GitHub の .NET コミュニティが保守している汎用開発プラットフォームです。

製品ファミリ:SDK for Azure IoT
重要度:重要
最も大きな影響:情報漏えい
関連するサポート技術情報またはサポートの Web ページ:Microsoft Azure IoT デバイスの SDK には、Azure IoT Hub サービスに接続し、管理されるデバイスとアプリケーションの構築が簡単になるコードが含まれています。GitHub は、すべての Azure IoT SDK のリポジトリを保守しています。詳細については、「How to get support for Azure IoT SDK」(英語情報) を参照してください。

製品ファミリ:ChakraCore
重要度:緊急
最も大きな影響:リモートでコードが実行される
関連するサポート技術情報またはサポートの Web ページ:ChakraCore は Chakra のコア部分であり、HTML/CSS/JS で記述された Microsoft Edge と Windows アプリケーションを強化する高パフォーマンスの JavaScript エンジンです。詳細については、https://github.com/Microsoft/ChakraCore/wiki を参照してください。

製品ファミリ:Windows Host Compute Service Shim
重要度:緊急
最も大きな影響:リモートでコードが実行される
関連するサポート技術情報またはサポートの Web ページ:hcsshim のリリースノート: hcsshim v0.6.10

ウィルス駆除ソフトウェア

マイクロソフトが【緊急】を含むセキュリティ更新プログラム公開

2017年12月13日、マイクロソフトから「緊急」4件を含むセキュリティ更新プログラムが公開。パソコンのセキュリティ状態を最新に保つために、対象製品をご利用の方は、以下を参照の上、ソフトウェアのアップデート(更新プログラムのインストール)が必要です。

公開日

2017年12月13日

更新プログラムの入手

◆Windows Updateは、こちら[ マイクロソフト社サイト ]
※Windows Update 利用の手順は、こちら[ マイクロソフト社サイト ]
既に、ウイルス対策ソフトやサービスをご利用の方も、アップデートは必要です。

更新内容

製品ファミリ:Windows 10 および Windows Server 2016 (Microsoft Edge を含まない)
重要度:重要
最も大きな影響:リモートでコードが実行される
関連するサポート技術情報またはサポートの Web ページ:Windows 10 RTM: 4053581Windows 10 1607: 4053579Windows 10 1703: 4053580Windows 10 1709: 4054517Windows Server 2016: 4053579

製品ファミリ:Microsoft Edge
重要度:緊急
最も大きな影響:リモートでコードが実行される
関連するサポート技術情報またはサポートの Web ページ:Windows 10 RTM: 4053581Windows 10 1607: 4053579Windows 10 1703: 4053580Windows 10 1709: 4054517Windows Server 2016: 4053579

製品ファミリ:Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2
重要度:重要
最も大きな影響:リモートでコードが実行される
関連するサポート技術情報またはサポートの Web ページ:Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2: 4054519 (マンスリー ロールアップ) および 4054522 (セキュリティのみ)

製品ファミリ:Windows Server 2012
重要度:重要
最も大きな影響:リモートでコードが実行される
関連するサポート技術情報またはサポートの Web ページ:Windows Server 2012: 4054520 (マンスリー ロールアップ) および 4054523 (セキュリティのみ)

製品ファミリ:Windows RT 8.1
重要度:重要
最も大きな影響:リモートでコードが実行される
関連するサポート技術情報またはサポートの Web ページ:Windows RT 8.1: 4054519。注: Windows RT 8.1 の更新プログラムは Windows Update からのみ入手できます。

製品ファミリ:Windows 7 および Windows Server 2008 R2
重要度:重要
最も大きな影響:リモートでコードが実行される
関連するサポート技術情報またはサポートの Web ページ:Windows 7 および Windows Server 2008 R2: 4054518 (マンスリー ロールアップ) および 4054521 (セキュリティのみ)

製品ファミリ:Windows Server 2008
重要度:重要
最も大きな影響:リモートでコードが実行される
関連するサポート技術情報またはサポートの Web ページ:Windows Server 2008 の更新プログラムは累計的な更新プログラムやロールアップとして提供されません。次の記事は Windows Server 2008 のバージョンを参照しています。4052303 および 4053473

製品ファミリ:Internet Explorer
重要度:緊急
最も大きな影響:リモートでコードが実行される
関連するサポート技術情報またはサポートの Web ページ:Internet Explorer 9: 4052978Internet Explorer 10: 4054520 (マンスリー ロールアップ) および 4052978 (IE 累積的)Internet Explorer 11: 40529784053578405357940535804053581405451740545184054519

製品ファミリ:Microsoft Office 関連のソフトウェア
重要度:重要
最も大きな影響:リモートでコードが実行される
関連するサポート技術情報またはサポートの Web ページ:月例のセキュリティ更新プログラムのリリースの Office に関連するサポート技術情報の記事の数は、CVE の数、および影響を受けるコンポーネントの数によって変わります。次のサポート技術情報は Office Office 関連のコンポーネントを参照しています。4011095401127740115754011590401160840116124011614

製品ファミリ:Microsoft SharePoint Enterprise Server 2016
重要度:重要
最も大きな影響:特権の昇格
関連するサポート技術情報またはサポートの Web ページ:Microsoft SharePoint Enterprise Server 2016 用のセキュリティ更新プログラムに関するマイクロソフトからの情報: 4011576

製品ファミリ:Microsoft Exchange Server
重要度:重要
最も大きな影響:なりすまし
関連するサポート技術情報またはサポートの Web ページ:Exchange Server 用のセキュリティ更新プログラムに関するマイクロソフトからの情報: 4045655

製品ファミリ:ChakraCore
重要度:緊急
最も大きな影響:リモートでコードが実行される
関連するサポート技術情報またはサポートの Web ページ:ChakraCore は Chakra のコア部分であり、HTML/CSS/JS で記述された Microsoft Edge Windows アプリケーションを強化する高パフォーマンスの JavaScript エンジンです。詳細については、https://github.com/Microsoft/ChakraCore/wiki を参照してください。

製品ファミリ:Adobe Flash Player
重要度:緊急
最も大きな影響:リモートでコードが実行される
関連するサポート技術情報またはサポートの Web ページ:Adobe Flash Player 用のセキュリティ更新プログラムに関するマイクロソフトからの情報: 4053577

■出典:2017 年 12 月のセキュリティ更新プログラム (月例)

── ウイルス感染などの被害にあわないために・・・
被害を防ぐためには、パソコンのOSやソフトウェアの更新プログラムの適用と、ウイルス対策ソフトを利用して定義ファイルを最新に保つ、2つのことが重要です。

ウィルス駆除ソフトウェア | ネットセキュリティー