パナソニック、12.1型モバイルノートPC「Let’s note SV8」

パナソニックは、2019年6月、12.1型ノートパソコン「レッツノート(Let’s note) SV8」シリーズの夏モデル7モデルを発売。ボディーカラーは、ブラックとシルバー、さらにブラック&シルバーの3カラーバリエーションを揃える。持ち出せる大画面というコンセプトの14型 フル HDモデル。7モデル中6モデルがとも光学ドライブを搭載してドライブ1.2 kgを切る超軽量モデル。ドライブレスモデルもラインアップする。パナソニック、12.1型モバイルノートPC「Let’s note SV8」(2019年夏モデル)

画面を閉じたままデータ受信できるモダン スタンバイ

LV8シリーズでは、スリープ時でも低消費電力状態を維持し無線通信を実行。パソコンを開けない移動時間にメール受信やデータのダウンロードなどを行うことができる。また、スタンバイからの復帰も速く、スピーディーに作業を行える。
ACアダプターがなくても充電できる USB Power Delivery

USB Power Delivery対応の15W以上のACアダプターやモバイルバッテリーをUSB3.1 Type-Cポートに繋いでPCを充電できる。スマホなど、他機器との共通のACアダプターやモバイルバッテリーを使うことができる。
プレゼンをスムーズに行える HDMI&アナログRGB(VGA)

HDMI出力端子とアナログRGB(VGA)端子の両方を搭載。どちらかしかないプロジェクターやモニターに対応。

パナソニック、12.1型 4コアCPU 搭載の「Let’s note SV7」全ラインアップ&スペック(2018年春モデル)

パナソニックは、2018年2月、12.1型のクアッドコアCPUを搭載し超軽量を実現した新モデル「Let’s note SV7」シリーズを発売。ボディーカラーは、シルバー。全6モデルをラインアップする。
パナソニック、12.1型 4コアCPU 搭載の「Let’s note SV7」全ラインアップ&スペック(2018年春モデル)

Panasonic Let's note SV7
Panasonic Let’s note SV7

高速クアッドコアCPUを搭載することで複雑な4K動画編集などモバイルPCでは難しいとされていた作業も楽々こなす。Thunderbolt 3対応でデータ転送も速い。外部ディスプレイの接続にHDMI出力端子とアナログRGB端子を装備する。

レッツノート SZ」シリーズの後継として位置付けられており、SZシリーズの魅力を受け継ぎつつ進化を遂げている。

高速クアッドコアCPUを搭載することで複雑な4K動画編集などモバイルPCでは難しいとされていた作業も楽々こなす。Thunderbolt 3対応でデータ転送も速い。外部ディスプレイの接続にHDMI出力端子とアナログRGB端子を装備する。
ディスプレーは、12.1型(1920×1200ドット)のWUXGA ノングレア液晶。タッチには非対応。
インターフェイスは、
USB3.1 Type-Cポート(Thunderbolt 3、USB Power Delivery対応)
・USB3.0 Type-Aポート×3(うち1つはスマホ充電対応を兼ねる)
・LANコネクター(RJ-45)※13
・外部ディスプレイコネクター(アナログRGB ミニD-sub 15ピン)
・HDMI出力端子(4K60p出力対応)
・ヘッドセット端子(マイク入力+オーディオ出力)(ヘッドセットミニジャックM3。

パナソニックの2018年春モデルその他のシリーズ

パナソニック、12.1型 モバイルPC「Let’snote SZ6」シリーズ(2017年秋・冬モデル)

パナソニックは、2017年10月、12.1型ドライブ付のノートパソコン「Let’snote SZ6」シリーズを発売。ボディーカラーは、シルバー。LTEモデルのみブラックをラインアップ。

Let’snote SZ6
Let’snote SZ6

パナソニック、12.1型 モバイルPC「Let’snote SZ6」シリーズ(2017年秋・冬モデル)

ドライブ内蔵で世界最軽量作業効率を上げる王道モバイルPC。ドライブ内蔵ながら省スペース設計。従来のSXシリーズと比べ12.2%の省スペース化を実現。2mmのキーストロークと横幅19mmのキーピッチ。さらに、指が引っ掛かりにくい「リーフ型キーボード」を採用。

パナソニック、12.1型 Let’s note SZ6 シリーズ(2017年夏モデル)さらに省スペース・軽量化にみがきをかける

パナソニックは、2017年6月、12.1型ノートPC「Let’s note SZ6」シリーズの夏モデルを発売。ボディーカラーは、ブラックとシルバーをラインアップする。
パナソニック、12.1型 Let’s note SZ6 シリーズ(2017年夏モデル)さらに省スペース・軽量化にみがきをかける

panasonic Let’s note SZ6

夏モデルでは、LTE対応 1モデル、ドライブレス 1モデル、HDD+SSD 1モデル、HDD 1モデル、SSD 1モデルの合計5モデルのラインアップとなる。OSは「Windows 10 Pro」4モデルに「Windows 10 Home」1モデルとなる。

基盤をドライブ下に潜り込ませる新構造により従来モデル「Let’s note SX6」シリーズより12.2%も省スペース化を実現。「軽量化」にさらに磨きをかけた。