パナソニック、10.1型 現場用 頑丈なAndroid タブレット「TOUGHBOOK」FZ-A3 シリーズ

パナソニックは、2020年7月、10.1型mp頑丈のAndroidタブレット「TOUGHBOOK」ブランドから「FZ-A3シリーズ」を発売。ボディーカラーは、ブラック。

バッテリー標準バッテリーパックタイプと大容量バッテリーパック搭載モデルの2種類に、Wi-Fiモデル、とLTEモデルでNTTドコモ対応、au対応モデル。の合計6モデルをラインアップする。

耐落下150 ㎝、耐環境-20℃~50℃(動作時)で屋外や低温環境下の業務を支援する。

TOUGHBOOK FZ-A3
TOUGHBOOK FZ-A3
  • [頑丈性]耐落下150 cm、防塵・防滴 IP65準拠、動作温度-20℃~50℃
  • [操作性・利便性]ユーザーが簡単に交換可能なバッテリー搭載、大容量バッテリーパックも用意
  • [拡張性]バーコードリーダー、スマートカードリーダーなどのオプションを本体に内蔵可能
品番標準バッテリーパック搭載大容量バッテリーパック搭載
FZ-A3AJAAEAJ
(Wi-Fi)
FZ-A3ADAAEAJ
(ドコモ対応)
FZ-A3AJLAEAJ
(Wi-Fi)
FZ-A3ADLAEAJ
(ドコモ対応)
FZ-A3AKAAEAJ
(au)対応)
FZ-A3AKLAEAJ
(au)対応)
OSAndroid 9.0
CPUQualcomm SDM660 64 bit 2.20 GHz×4+1.80 GHz×4(Octa-Core)
メモリー4 GB(LPDDR4)
ストレージeMMC 64 GB
表示方式10.1型WUXGA(1920×1200ドット)(16:10)静電容量式マルチタッチパネル、
輝度:最大約800 cd/m2 (平均約500 cd/m2
位置測位対応衛星:GPS、GLONASS、Galileo、Beidou、QZSS 測位誤差:±2~4 m
無線LANIEEE802.11 a/b/g/n/ac/d/h/i/w準拠(MIMO対応)、
Wi-Fiサポート機能 IEEE802.11r/k/v準拠(Wi-Fi高速ローミング)
ワイヤレスWANLTE with CA/3G(HSPA/WCDMA)LTE with CA/3G(HSPA/WCDMA)
BluetoothBluetooth v5.0
サウンド機能マイク×1、スピーカー×1(94 dBA)
セキュリティARM® TrustZone(内蔵)
カードスロットmicroSDメモリーカードスロット
nano SIMカードスロットnano SIMカードスロット
インターフェースUSB Type-C(USB 3.0)×1、USB Type-A(USB 2.0)×1、拡張バスコネクター、
NFC準拠非接触ICカードリーダーライター、ヘッドセット端子
[本体一体型アタッチメントオプション装着時]バーコードリーダー、USB2.0 Type-Aポート(増設用)、スマートカードリーダー
ポインティングデバイス静電容量式マルチタッチパネル(10フィンガー対応)、
タッチ操作モード(Normal mode/手袋操作/スタイラスペン/水滴誤動作防止)
カメラフロント:約500万画素/リア:約800万画素 AF(LED Flash搭載)
センサー明るさ/近接/地磁気/ジャイロ/加速度/近接(SAR対策)
電源ACアダプター入力:AC100 V~240 V(50Hz/60Hz)、出力:DC 16 V、4.06 A
バッテリーパック3.8 V(リチウムイオン)3200 mAh x 23.7 V(リチウムイオン)5580 mAh x 2
バッテリー駆動時間約9時間約7.5時間約15.5時間約13時間
充電時間約4時間(ACアダプター使用時/クレードル使用時)約6.5時間(ACアダプター使用時/クレードル使用時)
消費電力最大約32 W
外形寸法(突起部除く)幅272 mm×奥行196 mm×厚み16.4 mm幅272 mm×奥行196 mm×厚み26.2 mm
本体質量約892 g約903 g約1052 g約1063 g
頑丈性能耐落下:150 cm(動作時:コンクリート、6方向)、防塵・防滴:IP65準拠、耐振動:MIL-STD-810H準拠
使用環境条件温度:-20℃~50℃、保管温度:-30℃~70℃、湿度:30%~80% RH(結露なきこと)
無償保証3年間 引き取り保守(オンサイト修理は対象外)
付属品ACアダプター、バッテリーパック×2、スタイラスペン、ペン用ケーブル、取扱説明書 等

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください