ASUS(エイスース)3世代AMD Ryzenプロセッサー搭載 ROG Strix G15 G15DH

エイスースは、2020年8月、コスパのいい「AMD Ryzenプロセッサー」を搭載するゲーミング専用デスクトップパソコン ROG Strix G15 G15DH シリーズを発売。異なる4モデルのスペックをラインナップ。

ROG Strix G15 G15DH
ROG Strix G15 G15DH

8コア16スレッドCPUの第3世代AMD Ryzen 7プロセッサーを搭載

最新のZen 2アーキテクチャを採用する、8コア16スレッドCPUの第3世代AMD Ryzen 7プロセッサーを搭載しました。

モデルによって搭載CPUが異なり、G15DH-R7R2060S512、G15DH-R7G1660T512、G15DH-R7G1660Sには最高4.4GHz動作のAMD Ryzen 7 3700X プロセッサーを搭載し、G15DH-R5G1660Sには最高4.4GHz動作のAMD Ryzen 5 3600Xプロセッサーを搭載しています。

 

どちらのCPUもマルチスレッドの処理性能に優れ、マルチスレッドに対応した最新のゲームを快適に楽しむことができます。

予算に合わせて3つのグラフィックス機能から選択

グラフィックス機能はモデルによって異なり、予算に合わせて最適なグラフィックス機能を選択できます。

G15DH-R7R2060S512が搭載するNVIDIA GeForce RTX 2060 SUPERは、最新のリアルタイムレイトレーシングに対応しており、最新の対応ゲームをリアルな画面で快適に楽しむことができます。G15DH-R7G1660T512が搭載するNVIDIA

 GeForce GTX 1660 Tiは、上位モデルと同じ最新のTuringアーキテクチャを採用する高性能GPUで、さまざまなゲームを快適に楽しむことが可能です。G15DH-R7G1660S、G15DH-R5G1660Sが搭載するNVIDIA

 GeForce GTX 1660 SUPERも同様に上位モデルと同じ最新のTuringアーキテクチャを採用する高性能GPUで、さまざまなゲームを快適に楽しむことが可能です。

SSD搭載で速さを獲得

今回発売される全製品に高速なデータの読み書きが可能なPCI Express 3.0 x2接続のSSDを採用。パソコンやゲームの起動を高速に行うことができます。

パソコン内部をマルチゾーン構造にすることで強力な冷却性能を実現

パソコン内部の構造を、発熱量の多いCPUとグラフィックス機能を搭載するエリアと、発熱量が少ない電源ユニットおよびストレージを搭載するエリアに分割することで、スリムな本体でありながら強力な冷却性能を実現しました。

重いゲームを長時間プレイしたとしてもパソコンの熱を気にする必要はありません。

最高のパフォーマンスを発揮

パソコンの各種設定の変更を行えるROG Armoury Crateアプリを搭載しており、自分だけのパソコン設定を行ったりすることができます。実行するゲームごとに異なるプロファイル設定を保存しておいて、ゲームの実行と共に自動で設定内容を反映させることもできます。

キャリングハンドルの搭載でパソコンの持ち運びに対応

パソコン本体の上部に、持ち運び用のキャリングハンドルを搭載しました。PCイベントやゲームイベントなどに参加する際に、簡単に本体を持ち運ぶことができます。

便利なヘッドホンフック搭載

前面の左上部分には、便利なフックタイプのヘッドセットハンガーを搭載しています。
未使用時の置き場所に困るヘッドセットですが、本製品ならスマートに引っかけておくことが可能です。フックは使用しないときには収納しておくことができます。

ゲーミングパソコンらしさを演出するスタイリッシュなライティング機能を搭載

パソコン本体の前面と内部にはLEDを搭載しており、好みの色やパターンで光らせることができます。周辺機器などと設定の同期を行えるAura Sync機能にも対応しているので、対応キーボードやヘッドセットなどと光らせ方を統一することも可能です。

関連ページ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください